プラントプレファブ加工

プラント工事を行うには、現場調査、図面化、溶接は欠かすことのできないプロセスです。しかし、まだまだ現場での手作業に頼っているのも事実。実際に図面を貰っても、アップデートが欠かせない工場では、図面が実際とずれていることも多く発生します。歴史の長い工場になると元の図面が原本でしか残っておらず、それらをデータ化するには結局一から書き直しということもあります。エフライズでは、3D空間スキャン、モデリングプロセスも短縮し、今後プラントのアップデートを想定してデータ作成を行います。

溶接作業も同様、現場では手作業に頼っています。優秀な溶接工には仕事が集中し、溶接工は「もっとお客様に貢献したい」と思う人も多い。しかし、溶接を多くやろうとしても時間がかかり、仕事が集中。作業量の多さが新たなチャレンジをする余力まで奪ってしまう。これでは優秀な人から業界を離れてしまいます。このような悪循環構造を防ぐためにも、私たちはテクノロジーを利用した自動化に積極的に取り組んでいます。

溶接の自動化は、実は昔から様々な試みがあり、溶接部位ごとの自動溶接機は既に存在します。しかし、配管工事には様々な部材や結合パターンが存在し、それに伴い何度も自動溶接機にセットをする必要があり、大量生産以外においては自動化が進んでいないのが現状です。そこで我々は大手メーカーと協働で、溶接専門家の技術監修の下、長年の溶接技術の蓄積と、最新のセンシング技術、マテハン技術、ロボットを融合し、多機能自動溶接装置の開発し実際に多くの成果を上げています。

このようなテクノロジーを用いた自動化、これにはデータに基づいた自動化そのものです。私たちは豊富な経験とデータによる最新のテクノロジーを用い、品質の良い製品、工事を実現して参ります。

電話をかける